ここに刺青をした刺青太郎さんと、刺青太郎さんがどんな人かと考えている悪戸ミル吉さん、善戸ミル彦さんがいます。 善戸ミル彦さんは、刺青太郎さんを愛に溢れた善い人に違いない、と思いました。 一方で悪戸ミル吉さんは、刺青太郎さんを常習的な犯罪者だと思いました。
刺青をした人とそれを認識する人の絵(イラスト)
それで、実際はどうなのでしょう? ・・・現実の刺青太郎さんは、信頼に足る、とても仕事が出来る人でした。
刺青太郎さんがパソコンをしているという絵(イラスト)
〔注〕愛に溢れた人、信頼に足る仕事ができる人、常習的な犯罪者の善悪につき、主張するものではありません。
〔ふりがな〕
ここにいれずみをしたいれずみたろうさんと、いれずみたろうさんがどんなひとかとかんがえているあくとみるきちさん、 ぜんとみるひこさんがいます。  ぜんとみるひこさんさんは、いれずみたろうさんをあいにあふれたよいひとにちがいない、とおもいました。  いっぽうであくとみるきちさんは、いれずみたろうさんをじょうしゅうてきなはんざいしゃだとおもいました。  それで、じっさいはどうなのでしょう?  ・・・げんじつのいれずみたろうさんは、しんらいにたる、とてもしごとができるひとでした。 

2/8
P.1 2 3 4 5 6 7 8