刺青太郎さんへの認識を修正した悪戸さんは、むろん、それからは刺青太郎さんを、立派な人として扱うようになりました。 立派な人を立派な人として扱うのは、当たり前のことにすぎません。
差別の解消と握手の絵(イラスト)

では次は、善悪の錯覚が絡んだケースです。
〔関連絵本〕
対象物を認識した通りに扱うというテーマについては、 絵本「テニスと鉛筆」をご参照ください。
〔ふりがな〕
いれずみたろうさんへのにんしきをしゅうせいしたあくとさんは、むろん、それからはいれずみたろうさんを、りっぱなひととしてあつかうようになりました。りっぱなひとをりっぱなひととしてあつかうのは、あたりまえのことにすぎません。 ではつぎは、ぜんあくのさっかくがからんだけーすです。

6/11
P.1 2 3 4 5 6 7 8 91011