負けると分かっている戦争を自分から好んでする人はいません。

当然、ノウソのリーダーも戦争を避けるために、あらゆる努力をしました。丸人連合軍に対して出来る限りの妥協をし、何度となく話し合いを呼びかけたのです。 しかしその全てが拒絶されました。 丸人たちがノウソに求めたことは、対等な話し合いではなく劣等人種であることの証明、つまりは屈服に他なりません。

話し合いの拒絶の絵(イラスト)

〔参考絵本〕
負けると分かっている喧嘩について、絵本「負ける喧嘩」 「沈黙の声」で取り上げています。ご参照ください。
〔ふりがな〕
まけると わかっているせんそうを じぶんから このんでするひとは いません。 とうぜん、のうそのりーだーも せんそうをさけるために、あらゆる どりょくをしました。まるじんれんごうぐんに たいして できるかぎりのだきょうをし、なんどとなく はなしあいを よびかけたのです。しかしそのすべてが きょぜつされました。 まるじんたちが のうそにもとめたことは、たいとうな はなしあいではなく れっとうじんしゅであることの しょうめい、つまりは くっぷくにほかなりません。 のうそのりーだーが あいたがっています  さると はなすことなど あるものか!

34/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990