・選択2 負けると分かっている戦争をする
これはつまり、大勢の人がすぐにひどい目に会うということです。国の独立もなくなるでしょう。
一方的な喧嘩の絵(イラスト)
この二つの選択肢の中から、ノウソのリーダーは戦争することを選択しました。 そこには「死中に活」というノウソの伝統的な価値観がありました。

〔注〕
読者の中には、永野修身元帥の「戦わざれば亡国と政府は判断されたが、戦うもまた亡国につながるやもしれぬ。 しかし、戦わずして国亡びた場合は魂まで失った真の亡国である。 しかして、最後の一兵まで戦うことによってのみ、死中に活路を見出うるであろう。」 を連想される方もいるかも知れませんが、無関係です。念のため。
〔ふりがな〕
・せんたく2 まけると わかっている せんそうをする  これはつまり、おおぜいのひとが すぐにひどいめにあうということです。くにの どくりつも なくなるでしょう。 このふたつのせんたくしのなかから、のうそのりーだーはせんそうすることを せんたくしました。そこには「しちゅうにかつ」という のうその でんとうてきな かちかんがありました。

36/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990