さて丸人の中には、崇高な自己犠牲こそが劣等人種と優越人種の違いだと信じている人々がいました。 自己犠牲を払って反抗する三角人も、過去に存在はしたのですが、1万人を優に超える規模の特攻/自己犠牲を目撃するのは、 この星の歴史上で初めてのことだったのです。 そんな彼らには、爆弾と一緒に体当たりしてくるノウソの若者たちが劣等人種だとは思えなくなりました。 つまり、三角人が劣等である、という認識が変わってしまったのです。
人種への認識が変化する絵(イラスト)
こうして、この星の人々(丸人も三角人も)の「三角人は劣等人種」という常識は、繰り返し打ち破られ、 大いに動揺したのです。実際、三角人を劣等だとは思えなくなった人々も少なからず存在しました。

〔ふりがな〕
さて まるじんのなかには、すうこうなじこぎせいこそ がれっとうじんしゅと ゆうえつじんしゅの ちがいだと しんじている ひとびとがいました。じこぎせいを はらって はんこうするさんかくじんも、 かこにそんざいはしたのですが、1まんにんを ゆうにこえる きぼの とっこう/じこぎせいを もくげきするのは、このほしのれきしじょうで はじめてのことだったのです。そんなかれらには、 ばくだんといっしょに たいあたりしてくる のうそのわかものたちが れっとうじんしゅだとは おもえなくなりました。 つまり、さんかくじんが れっとうである、というにんしきが かわってしまったのです。 こうして、このほしのひとびと(まるじんもさんかくじんも)の 「さんかくじんは れっとうじんしゅ」というじょうしきは、くりかえしうちやぶられ、 おおいに どうようしたのです。じっさい、さんかくじんを れっとうだとは おもえなくなったひとびとも すくなからず そんざいしました。

46/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990