辺境の地にあるノウソには、多くの丸人が錯覚している教え ―●他人を愛せ ●善を愛せ。悪と戦え ●悪人は神に呪われ、地獄へ落ちる ●意味もなく人を殺すな ●異教徒は悪魔だ ●人は生まれながらに罪深い―は広まってはおらず、小さな子供は別として、神の呪いや地獄を恐れる人は少なかったのです。
悪魔が相手にされずにスゴスゴと逃げていくという絵(イラスト)
逆に言えば、多くの丸人が善悪の妄想にどれほど深く中毒し、傷つき、苦悩しているのか、ほとんどのノウソ人には想像も出来なかったのです。そのため、丸人がノウソを屈折させた理由も分からず、それは多くのノウソ人―特に若い世代―の心に暗い影響を与えました。 歪んだ社会に委縮し自虐的になったり、刹那主義・拝金主義に走ったり、絶望し自殺する人すらもいたのです。

〔注〕
悪魔や地獄の有無について、一切の主張をするものではありません。
〔ふりがな〕
へんきょうの ちにある のうそには、おおくの まるじんが さっかくしている おしえ―●たにんを あいせ ●ぜんを あいせ。あくと たたかえ ●あくにんは かみに のろわれ、じごくへ おちる ●いみもなく ひとをころすな ●いきょうとは あくまだ ●ひとは うまれながらに つみぶかい―はひろまっては おらず、ちいさな こどもは べつとして、かみの のろいやじごくを おそれるひとは すくなかったのです。 ふわあ〜 ねむい あくま? じごく? がきじゃあるまいし・・・ ぎゃくに いえば、おおくの まるじんが ぜんあくの もうそうに どれほどふかくちゅうどくし、きずつき、くのうしているのか、ほとんどの ノうそひとには そうぞうもできなかったのです。そのため、まるじんが のうそをくっせつさせた りゆうも わからず、それは おおくの のうそじん―とくに わかいせだい―のこころに くらいえいきょうを あたえました。 ゆがんだ しゃかいに いしゅくし じぎゃくてきになったり、せつなしゅぎ・はいきんしゅぎに はしったり、ぜつぼうし じさつするひとすらもいたのです。

73/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990