さて人は認識に基づいて行動します。
丸人たちが「三角人を征服したのは、野蛮人を文明化するため」という妄想を信じたなら、それ以降も、三角人たちの文化を野蛮なものと認識することになるでしょう。 そして自分達の文化を三角人たちに押しつけることとなるでしょう。 言葉も、宗教も、家族制度も、子供の保護の仕方、性のタブー、医学の倫理、政治体制、犯罪の基準、食文化 等々全てに関して、です。
異民族の寺を砲撃する絵(イラスト)

〔ふりがな〕
さてひとはにんしきにもとづいてこうどうします。 まるじんたちが「さんかくじんをせいふくしたのは、やばんじんをぶんめいかするため」というもうそうをしんじたなら、 それいこうも、さんかくじんたちのぶんかをやばんなものとにんしきすることになるでしょう。 そしてじぶんたちのぶんかをさんかくじんたちにおしつけることとなるでしょう。 ことばも、しゅうきょうも、かぞくせいども、こどものほごのしかた、 せいのたぶー、いがくのりんり、せいじたいせい、はんざいのきじゅん、しょくぶんか  とうとうすべてにかんして、です。  やばんじんのてらなどぶちこわせ! 

12/37
P.1 2 3 4 5 6 7 8 910111213141516171819202122232425262728293031323334353637