…でも、大丈夫。障害があればあるほど愛は強く燃えるものです。
彼は暗い夜道で彼女を待ち伏せすることとしました。こんなやり方で愛を命令することは、彼にとっても危険なことですが、彼女に分かってもらうためです。「命をかけても惜しくはない!」 ―それこそが、本物の愛ではないでしょうか! 
男が女の腕を掴み、ナイフで脅かす絵
ああ、良かった。今度こそ彼がいかに本気で愛しているか、彼女は分かってくれたようです。 これで二人はこれから大切な愛を育てて行くことが出来るでしょう。
P.6

P.1 2 3 4 5 6 7 8 910111213