テロ・戦争の原因/善悪中毒について


あなたは米国の軍事・外交政策を見て、「なんで米国はわざわざテロを増やすのだろう?」と感じたことはありませんか?  「あんなことをやっていたならテロが増えるのは当たり前じゃないか」と。 僕は米国民の中に次のような思考パターンがあると想像しています(心の中は見えません。あくまでも想像です)。

テロや戦争の原因は「悪」であるという絵(イラスト)


そして悪をやっつけていると錯覚して、一般市民を傷つけ・殺しているのではないかと。 つまり、多くの米国民が以下のように無限に循環する錯覚に囚われている可能性があると考えています。

テロと戦争の「悪循環」の絵(イラスト)


この場合、もし日本が米国とは異なる方法で世界平和に貢献したいという意志を示した場合、米国が日本の知恵に期待する可能性が存在します。 つまり日本が自信に満ちて、「我々は軍事力以外の方法で世界平和を達成する」と宣言したならば、米国は大いに日本に期待して在日米軍基地の返還も意外にスムーズに行くかもしれません。 なお上記、善悪の思考パターンの問題点については、本WEBの絵本集および善悪中毒3部作をご参照下さい。

43/56
目次; 日本独立の選択

表紙 日本の現状 在日米軍基地の返還方法
日本の米国化  日本の国益  戦争協力  日本の現状を変更する  米国民との協調 憲法問題 返還方法のまとめ
  経済的な問題 宗教的な問題 復讐の恐れ 自主憲法
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1112 1314 1516 17 1819 20212223
24252627
282930 3132 33

国防       日本の未来を予測する   文中選択肢一覧  あとがき 
軍事的な緊張 防衛力の基本的な考え方 非武装 核武装 国土強靭化 非致死性兵器 シーレーン 「選択をしない」という選択をした場合 選択をした場合  
34353637 383940414243 4445 46 47 48 4950 51 52 53 5455 56