あとがき ―絵本「ある星の飲酒運転」

 罰とは人が人を攻撃することに他なりません。罰に頼ることは人への攻撃に頼ることであり、厳罰化とは、人への攻撃を激しくすることです。 いうまでもなく、人から人への攻撃を激しくすれば、そこには様々な悲劇が生まれるでしょう。 誤解しないでいただきたいのですが、罰を悪だと言っているのではありません。全てを理解した上で、罰という手段を選択することもあるでしょう。 しかしながら、もし善悪の錯覚によって、罰以外の手段が見えないままに、罰せられる人の痛みが見えないままに、厳罰化を選択していたとするなら、 それは善悪中毒の症状の1つかも知れません。 (善悪中毒については、弊著「善悪中毒」をご参照ください。)
 もし、あなたがこの絵本に共感されたなら、出来るだけ多くの方に、読ませてあげていただければと思います。 本絵本は、自由にコピーして下さって結構です(商業出版はじめ金銭的な授受を伴う場合を除きます)。 また下記WEBからは、東郷潤の他の絵本やメッセージをダウンロードすることが出来ます。

www.j15.org 
©Jun Togo 2009




☆あなたの感想をぜひお聞かせ下さい⇒



関連テーマの絵本

★罰に関しては、この絵本集の中で繰り返し取り上げています。以下、ご参照ください。


罰の限界に関する絵本です。

「悪と罰」へ


罰への恐怖が、虐め自殺へと至る心理を描きます。

罰と虐めと自殺のロンド


泥棒への罰と、再犯をテーマとする絵本です。

泥棒を減らさない方法


犯罪者への復讐・罰と、犯罪の原因をテーマとする絵本です。

愛する人が殺されたら









絵本の新作をメルマガで
お知らせします。
登録 メールアドレス:






P.1 2 3 4 5 6 7 8 910111213 あとがき
4 5 6 7 8 91011