あとがき ―絵本「見えない危険」

絵本「見えない危険」は、人々の誤解・争いの原因となる、善悪で錯覚する心理をテーマとしたものです。

善悪という考え方/言葉は、本当に様々な錯覚を生み出します。 そして、それらの錯覚は恐ろしい悲劇を育む土壌となり、 結果的に、億単位の人々が犠牲になっています(詳細は、下記WEBの絵本集、 弊著「善悪中毒」「原爆への復讐」をご参照ください)。

もし、あなたがこの絵本に共感されたなら、出来るだけ多くの方に、読ませてあげていただければと思います。

本絵本は、自由にコピーして下さって結構です(商業出版はじめ金銭的な授受を伴う場合を除きます)。 また下記WEBからは、東郷潤の他の絵本やメッセージをダウンロードすることが出来ます。

www.j15.org

©Jun Togo 2009
15/15


☆あなたの感想をぜひお聞かせ下さい⇒



関連テーマの絵本

怯えた人は、その後、どんな行動を取るでしょう?  絵本「怯える人々」では、恐怖が人を凶暴化させてしまう、そんな心理を描きます。

絵本「怯える人々」トップ頁へ


「見えない危険」の主人公は、そもそもなんで全てが白黒になる、魔法のメガネを掛けていたのでしょう?  そんな疑問をお持ちの方は、絵本「魔法のメガネ」をご参照ください。

絵本「魔法のメガネ」トップ頁へ






絵本の新作をメルマガで
お知らせします。
登録 メールアドレス:





P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415