あとがき ―絵本「愛する人が殺されたら」

誤解しないでいただきたいのですが、罰を悪だと言っているのではありません。
被害者の怒りや復讐心を悪だと言っているのでもなければ、許しを善だと主張しているのでもありません。

しかしながら、もし善悪の錯覚によって、加害者を罰し、傷つける以外の手段が見えないままに、 延々と犯罪の原因を放置してしまったなら、それは善悪中毒の症状の1つかも知れません。 (善悪中毒については、弊著「善悪中毒」をご参照ください。)

もし、あなたがこの絵本に共感されたなら、出来るだけ多くの方に、読ませてあげていただければと思います。

本絵本は、自由にコピーして下さって結構です(商業出版はじめ金銭的な授受を伴う場合を除きます)。 また下記WEBからは、東郷潤の他の絵本やメッセージをダウンロードすることが出来ます。

www.j15.org

©Jun Togo 2009
23/23


☆あなたの感想をぜひお聞かせ下さい⇒

⇒愛する人が殺されたら(復讐の相手をテーマとした絵本)の読者感想文へ 



関連テーマの絵本

「復讐の相手〜U」は、番外編といった位置づけで描いたものです。

復讐の相手〜U


この絵本「愛する人が殺されたら」の中の「メガネ」は個別具体的な何か、というよりも、犯罪の様々な原因を象徴するものとして描いたものです。 ちなみに絵本「魔法のメガネ」では、善悪の錯覚を象徴するメガネを描いています。

魔法のメガネ


★善悪のメガネ(錯覚)はそれだけで、十分に犯罪の原因となるでしょう。 このテーマ(=善悪の錯覚が人を凶暴化させ、苛め・争い・戦争・犯罪などの悲劇を生む)は、 この絵本集の中で繰り返し取り上げています。以下、ご参照ください。

子どもを犯罪者に育てる方法


良い子にならなきゃ


どっちだ?


私は悪い人間です


平和主義?


愛への誤解(錯覚)もまた、それだけで十分に犯罪の原因となるでしょう。つまり、当絵本「愛する人が殺されたら」 に登場したメガネとなりうるのです。
オムニバス絵本「愛を命令しないで」では、愛への錯覚が、児童虐待、性的暴行・誘拐、侵略戦争など犯罪行為の原因となる 心理を描いています。

愛を命令しないで


★犯罪者を罰するだけで満足し、犯罪の原因を放置すれば、犯罪を減らすことは難しいでしょう。 罰には限界が存在します。
罰を巡る問題点に関しては、以下の絵本をご参照下さい。

犯罪を減らさない方法


悪と罰


ある星の飲酒運転







絵本の新作をメルマガで
お知らせします。
登録 メールアドレス:






P.1 2 3 4 5 6 7 8 91011121314151617181920212223