罰には復讐という側面もありますね。被害者が受けた苦しみを、加害者にも味あわせるということです。
目には目を歯には歯を、という絵(イラスト)
世界には「目には目を、歯には歯を」という考え方も存在します。

〔注〕「目には目を(で)、歯には歯を(で)」は、過剰な報復を禁じることが本来の趣旨だそうです。 ハンムラビ法典をご参照ください。
〔ふりがな〕
ばつには ふくしゅうという そくめんも ありますね。 ひがいしゃが うけた くるしみを、かがいしゃにも あじあわせる ということです。
せかいには「めにはめを、はには はを」というかんがえかたも そんざいします。

2/12
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112