考えようによっては、難しい平和の絵本の運動

 平和の絵本の運動。
 考えようによっては、続けて行くことはとても難しいことなのかも知れません・・・?
 最初にそんなお話をしてみましょう。

たとえ戦争やテロを根絶するためとはいえ…

 本HPを読んで共感された方が、世界平和を願い、気づきを広げて人々の心を癒そうと、この運動に参加することは、むろん特別に難しいことでは有りません。
 Web絵本かメッセージのコピーを取って、どこかに1回それを郵送したり、e−mailしたり…。そのコピーのメッセージは池に小石を投げ込んだ時のさざなみのように、世界へ広がってくれるかも知れません。
 そう…、1回だけなら簡単。そして、その1回だけでも貴重です。
 でも一方でこの運動を長く続けるって、考えようによっては難しい。…もしかしたら、すっごく難しいことかも知れません。

この平和の絵本の運動を継続する難しさとは?

 我々の運動は、心に働きかけるもの。一般のボランティア活動とは異なり、毛布や食料などの物資を恵むというものではありません。
 ですから、その成果は、直接、肉体の目には見えません(多くの大切なものって、肉体の目には、見えないんです。肉体の目に見えるのは、物理的なものだけですから。愛も心も癒しも、見えませんでしょう?)。
 しかも、この運動の対象は全人類を想定しています。めっちゃくちゃ大きい相手ですから、ますますその成果は、見えにくいはず。

 実際、世界中に、和の心/気づきが伝わるのに、何年くらい掛かると思われますか?
「昔の人類って、戦争なんかして、殺しあったり、したんだって!?」
「ええ!? 人間同士が殺しあうの? 助け合うんじゃなくて? よっぽど怒りを抑圧したのかしら?  それとも、誤解しあったのかしら?  でも、どうして殺し合うまで、誤解したり怒りを抑圧したり、しちゃったの? 信じられなーい!」
 と人々が会話するほどまでに、です。 

 そのためには、我々が一生懸命、働きかけたとして、50年? 100年? 500年?
 しかもその成果が我々の運動によるものだったとしても、それを人々に認知してもらえるとは限りません。 心に働きかける運動は、誰の目にもとまりにくいものなのです。 しかも、この運動には、お金も時間も掛かります。成果が見えず、お金と時間ばかりが掛かったら、誰だって、嫌気が差します。 その人がどれほど世界平和を熱望し、心へ働きかける意義に共感していたとしても、です。

 以上、まとめますと、この運動を続けることは、報われない・単調で退屈な・時間もお金も掛かる・成果が見えない、 そんな作業を、延々と続けること。 つまりは、のみ一本で、長い洞窟を掘り進むような話(例;青の洞門)です。
 ・・・こんな風に考えてますと、この「和を地球へ」の運動を長く続けることが、どれほど難しいか、 ご理解いただけることと存じます。

平和の絵本の運動を楽しんで

 楽しくないことは続きません。しかしながら、楽しければ続けることが出来ます。
 上述の通り、平和の絵本の運動を長く続けることは、それだけを考えると、とても難しいことかも知れません。
 だからこそ、運動を楽しむことを、積極的に考えたいと思うのです。 この平和の絵本の運動を何百年でも続けて、本当に世界を変えていくためにです。 以下、どうやって「楽しむのか」「楽しめるのか」、考えてみました。

★あなたのお金儲けは、大切です!

 お金が無ければ、快適な生活を送ることは難しいでしょう。 そもそも平和のメッセージを発信するために、宣伝費その他、多額のお金が必要です。
 ですから、平和の絵本のボランティアにご関心を持ってくださる、あなたが、 金銭的にも/社会的にも、成功されることを、私どもでは望んでいます。

 だから、(もし可能であれば、ですが)あなたのお金儲けに平和の絵本をご利用してくださって、結構です。 大いに利用してください(私どもが、何らかの権利を放棄する、という意味ではありません。「気持ちの問題」をお話しています)。

 もしあなたがセールスマンで、商品販売のための景品が必要でしたら、 是非、私どもの絵本を使ってください。販促のために、どんどん絵本を利用して欲しいのです。 あなたの商品が売れて、しかもそれが世界平和につながるなら、それはなんと素晴らしいことでしょう!

 そんなこともあって、各絵本のトップページ(に限るものではないのですが)では、広告主の募集をしています。 あなたのビジネスの広告をしていただき、その広告料で平和のメッセージを発信できれば、と考えたのです。 万一、誰かに「世界平和を利用して、金儲けだなんて」と批判されたら、おっしゃってください。 「我々は、戦争を利用して金儲けするのではなく、平和への貢献で金儲けができる世界を作りたいんだ」と。

 もし、あなたの仕事にお役に立ち、なおかつ平和の絵本の運動の発展にもつながるような、 何か素敵なアイデアがありましたら、是非、お気軽にご相談ください。

★あなたが楽しむことは、大切です!

 あなたが、ありあまるほどの幸福に満たされていたなら、それを他の人々へと分け与えることは、簡単でしょう。 でも、あなたの心の中に、不幸や憎しみ、イライラが渦巻いていたら、何を他人とシェアできるでしょう? どうやって笑顔を作れるでしょう?

 平和の絵本の運動を長く続けるためにだけではなく、平和の絵本の運動そのものにとって、 あなたの幸福・あなたが楽しむことは、とても重要です。チャンスがあれば、平和の絵本を利用して大いに楽しんで下さい。

 たとえば、サポーターのおひとり、中年のおじさんであるKさんは、 絵本「魔法のメガネ」を会社の美人の受付嬢にプレゼント。絵本を介して、楽しくお喋りをされたそうです。

 僕(東郷)自身、この運動を通して、小学生からお年を召した方まで、多くの方との交流を楽しむことが出来ています。 気づきにしろ、癒しにしろ、世界平和にしろ、人類にとって普遍的なテーマです。 性別、年代、業種、国籍も超えて、人々との共通の話題となりうるのです。 「この運動を続けている限り、僕がたとえいくつになっても、老人の孤独とは無縁だろう」、 …そんな風に、僕は予想しています。(^^)

  もし、平和の絵本を利用してこんな風に楽しめた、といったお話(経験談でもアイデアでも)、ございましたら、是非、ご一報下さい。 それから、もしあなたが楽しむために、何かお手伝いできることがありましたら、お気軽にご相談してください。

仲間との交流

 さて、平和の絵本の運動を楽しいものにするためには、仲間との交流も有効でしょう。
 つまり、のみ一本で長い洞窟を掘って、道を開く時、一人より、二人の方が楽しい。10人いたら、もっと楽しい、 ということです。

 ですから、

登録 メールアドレス:
仲良しこよし


 ・・・でも、忘れないで。これは世界平和へ通じる運動です。

 心のどこかで、この運動が、気づきを広め・人々の心を癒し・世界平和を達成する運動なのだということは、忘れないで欲しいのです。 目の前のお金だけではなく。目の前の楽しさだけではなく。

 何百年も延々と続けていく、これは和を地球へ広げる運動です。
 ではなぜ、心の片隅にその思いを留めるのか? …きっとその方が100倍も楽しいのです。(^^)