善戸ミル彦さんは刺青太郎さんをとても善い人だと思ったので、その認識に基づいて刺青太郎さんを扱います。 例えば、善戸ミル彦さんが就職の面接官なら・・・
善戸ミル彦さんが就職の面接官なら、という絵(イラスト)
善い人を積極的に雇おうとするのは、当たり前のことです。
悪戸ミル吉さんは刺青太郎さんを悪い人だと思ったので、その認識に基づいて刺青太郎さんを扱います。 例えば、悪戸ミル吉さんが就職の面接官なら・・・
悪戸ミル吉さんが就職の面接官なら、という絵(イラスト)
悪人らしき人を不合格にするのは、当たり前のことです。
〔ふりがな〕
ぜんとみるひこさんは いれずみたろうさんをとてもよいひとだとおもったので、そのにんしきにもとづいていれずみたろうさんをあつかいます。 たとえば、ぜんとみるひこさんがしゅうしょくのめんせつかんなら・・・  あなたのかいしゃにぜひ しゅうしょくさせてください   だいかんげいです!  よいひとをせっきょくてきにやとおうとするのは、あたりまえのことです。  あくとみるきちさんは いれずみたろうさんをわるいひとだとおもったので、そのにんしきにもとづいていれずみたろうさんをあつかいます。 たとえば、あくとみるきちさんがしゅうしょくのめんせつかんなら・・・  あなたのかいしゃにぜひ しゅうしょくさせてください    だめ!  あくにんらしきひとをふごうかくにするのは、あたりまえのことです。

3/6
P.1 2 3 4 5 6