恐怖の消滅

 以下、地獄の恐怖をお持ちの一部読者のために、その恐怖を消滅させる手法を3つご紹介したい。
 もしあなたが、地獄の恐怖を全く感じないなら、もちろん読み飛ばしていただいて構わない。
 しかしながら、たとえわずかでも地獄を怖いと思われるなら、この3つの手法に挑戦していただきたい。
 とりわけあなたが聖書を神聖なものとお思いなら、本書を読み進める前に、地獄の恐怖をきちんと乗り越えておいていただきたいのだ。
 繰り返しになるが、筆者は読者に殺されたくは無い。


地獄の恐怖を乗り越える手法〜1

 夜の闇が昼間の明るさよりも怖いのは、闇が想像力を刺激するからに他ならない。逆にいえば、怖いことを一切想像しなければ恐怖という感情は生まれない。
 そこで、地獄の恐ろしい様相を一切、想像しないことを選択していただきたいのだ。
 誤解しないで頂きたいが、ここでお願いしているのは「地獄が無い」と信じることではない。地獄の有無は、あなたなりあなたが信じる宗教なりのご判断だ。
 筆者がお願いしているのは、(地獄の有無に関わりなく)恐ろしい地獄の様相を、あなたがあなたの心の中で想像しない、ということだけだ。
 …さあ、あなたはお出来になるだろうか?
 「想像しない」という選択をすることは、大変に容易であり、また難しくもある。
 たとえば地上1メートルのところで狭い板を渡れる人が、地上10メートルでは足が竦んで歩けなくなるのは「落ちて死ぬ」ことを想像するからだろう。
 その想像をしないことを選択すれば、地上1メートルも地上10メートルも変わらないが、それは普通は大変に難しい。特に高所恐怖症の人にとっては、ほとんど不可能なことと感じられるだろう。
 ―しかしながら一方で、想像しないことは不可能なことでもない。
 地上10メートルで身軽に作業する人々も多いのだ。この人たちにとっては、落ちて死ぬという想像をしない選択は、無意識のうちに自動的に行っていることであり容易なことだ。

P.23

表紙 1 2 3 4 5 6 7 8 91011121314151617181920212223242526272829303132333435

ご注文