ノウソの国は、三角人が何万年も前から住む、とても古い国でした。 他の三角人と同様に、彼らも平和に穏やかに暮らしていたのです。 ただ遠隔地に存在したため、他の三角人たちの国々が征服され支配されて行く様子を遠くから観察することが出来ました。
他国の侵略に怯える人々の絵(イラスト) 
ノウソの国は狭く、資源らしい資源もなく、丸人にとって魅力的ではありませんでした。 そこで「こんなどうでもイイ国の征服は後回し」と思われていたのです。

〔ふりがな〕
のうそのくには、さんかくじんが なんまんねんもまえからすむ、とてもふるいくにでした。たのさんかくじんと どうように、かれらもへいわに おだやかに くらしていたのです。ただえんかくちに そんざいしたため、たのさんかくじんたちのくにぐにが せいふくされ しはいされていくようすを とおくからかんさつすることが できました。 あのくにも、あのくにも、あのくにも、みんなまるじんにせめほろぼされてしまった こわい! のうそのくにはせまく、しげんらしい しげんもなく、まるじんにとって みりょくてきではありませんでした。そこで「こんなどうでもいい くにのせいふくは あとまわし」とおもわれていたのです。

19/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990