さてここからは、遠い星の物語です。
今から数千年ほど昔、数人の丸い触覚を持つ人々(丸人とします)のグループが、次のような教えを唱え始めました。
宗教家  ●他人を愛せ。
●善を愛せ。悪を憎め。悪と戦え。
●悪人は神に呪われ地獄へ落ち、永遠に火で焼かれる。
●意味もなく人を殺すな。
●異教徒は悪魔だ。
●人は生まれながらに罪深い。

〔注〕
この絵本は、フィクションであり、地球とは無関係の話です。当然、地球のいかなる宗教・教えとも無関係です。
〔ふりがな〕
さてここからは、とおいほしのものがたりです。  いまからすうせんねんほどむかし、すうにんのまるいしょっかくをもつひとびと(まるじんとします)のぐるーぷが、つぎのようなおしえ をとなえはじめました。   ●たにんをあいせ。  ●ぜんをあいせ。あくをにくめ。あくとたたかえ。  ●あくにんはかみにのろわれじごくへおち、えいえんにひでやかれる。  ●いみもなくひとをころすな。  ●いきょうとはあくまだ。  ●ひとはうまれながらにつみぶかい。

8/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990