一方で、同胞を非難することを拒んだ、ノウソの生存者のほとんどは、ただ口をつぐみました。 なぜ戦ったのか。そこにはどんな怒りがあったのか。言いたいこと全てを腹の中に飲み込みました。

占領下で他に選択肢は無かったのですが、それだけではなく個人の会話レベルでも「言い訳をするのは恥ずかしい」という彼ら独特な美意識があったのです。 また、せめて自分達が悪だということを受け入れることで、これから長く占領下で生きることとなるノウソの子供たちへ、善悪の目隠しをしてあげようという、親心もあったのかも知れません。
他国の軍事基地の絵(イラスト)

〔ふりがな〕
いっぽうで、どうほうを ひなんすることを こばんだ、のうその せいぞんしゃの ほとんどは、ただくちを つぐみました。なぜ たたかったのか。そこには どんないかりがあったのか。いいたいこと すべてを はらのなかにのみこみました。 せんりょうかで ほかにせんたくしは なかったのですが、それだけではなく こじんのかいわれべるでも「いいわけをするのははずかしい」という かれらどくとくな びいしき があったのです。また、せめて じぶんたちが あくだということを うけいれることで、これから ながくせんりょうかで いきることとなる のうそのこどもたちへ、ぜんあくの めかくしを してあげようという、おやごころも あったのかもしれません。 せんそうが おわったのに、なんで いつまでも がいこくのぐんたいがいるの? それはね、われわれ のうそが わるかったから、しかたないんだよ

71/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990