さて、丸人の中には、強さこそ劣等人種と優越人種の違いだと、信じている人々が大勢いました。 なんせ、他の三角人たちは丸人に何百年も負け続け、ずうっと弱さを証明してきたからです。
強さこそが劣等人種と優越人種の違いだと信じている、多くの丸人たちの目に、ノウソ軍の強さは衝撃的でした。 そして彼らの目には、ノウソの人々が劣等人種だとは見えなくなりました。 つまり一部の丸人たちの、三角人が劣等である、という認識が変わってしまったのです。
人種への認識の変化の絵(イラスト)

〔ふりがな〕
さて、まるじんの なかには、つよさこそ れっとうじんしゅと ゆうえつじんしゅの ちがいだと、しんじている ひとびとが おおぜいいました。なんせ、ほかの さんかくじんたちは まるじんになんびゃくねんも まけつづけ、ずうっと  よわさを しょうめいしてきたからです。 つよさこそが れっとうじんしゅと ゆうえつじんしゅのちがいだと しんじている、おおくの まるじんたちのめに、のうそぐんのつよさは しょうげきてきでした。そしてかれらのめには、のうその ひとびとが れっとうじんしゅだとはみえなくなりました。つまり いちぶのまるじんたちの、さんかくじんが れっとうである、というにんしきが かわってしまったのです。

39/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990