この教えは、丸人の間に、長い年月をかけて少しずつ広まっていきました。 というのも、丸人はこの教えを信じれば誰もが皆、幸福になれると思ったのです。こんな風に、です。
  ●他人を愛せ。 ⇒誰もが皆、愛し合い、愛がいっぱいの世界になる。
●善を愛せ。悪と戦え。悪人は神に呪われ、地獄へ落ちる。 ⇒悪いことをする人がいなくなる。
●異教徒は悪魔だ。 ⇒悪魔になりたくないので、みんなこの教えを信じるようになる。
●人は罪深い ⇒「自分は罪深い」と謙虚になる。そしてこれ以上、罪を犯さないように気を付ける。
みんな仲良しという絵(イラスト) 
もちろん、この教えで救われる丸人もいたのです。

〔ふりがな〕
このおしえは、まるじんのあいだに、ながいねんげつをかけてすこしずつひろまっていきました。というのも、まるじんはこのおしえをしんじればだれもがみな、こうふくになれるとおもったのです。こんなふうに、です。 ●たにんをあいせ ⇒ だれもがみな、あいしあい、あいがいっぱいのせかいになる。 ●ぜんをあいせ。あくとたたかえ。 あくにんはかみにのろわれ、じごくへおちる。 ⇒ わるいことをするひとがいなくなる。 ●いきょうとはあくまだ ⇒ あくまになりたくないので、みんなこのおしえをしんじるようになる。 ●ひとはつみぶかい ⇒ 「じぶんはつみぶかい」とけんきょになる。そしてこれいじょう、つみをおかさないようにきをつける。 もちろん、このおしえですくわれるまるじんもいたのです。

9/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990