戦争は何年も続きました。
丸人の兵士たちが戦うのは、もちろん、勝つためです。戦争で死ぬなど、バカバカしいことに他なりません。

一方でノウソの兵たちが戦ったのは、勝つためではありません。
はじめから勝てる見込みがない戦争です。負けて殺される運命は避けられません。 ただ、死に行く過程で意地を・勇気を・誇りを見せるぞと。

つまり、ノウソの兵たちの戦いの目的は、死にざまを見せることだったのです。 それは、劣等人種として扱われ、たまりにたまった怒りをぶつけることでもありました。
最後の突撃に向かう兵士の絵(イラスト)

〔注〕
読者の中には「同期の桜」(咲いた花なら散るのは覚悟。見事散りましょう〜 作詞:西條八十)といった軍歌を連想される方もいらっしゃるかもしれませんが、無関係です。
〔ふりがな〕
せんそうは なんねんも つづきました。 まるじんのへいしたちが たたかうのは、もちろん、かつためです。せんそうで しぬなど、ばかばかしいことに ほかなりません。 いっぽうで のうそのへいたちが たたかったのは、かつためでは ありません。はじめから かてるみこみがないせんそうです。まけてころされる うんめいは さけられません。ただ、しにいくかていで いじを・ゆうきを・ほこりを みせるぞと。つまり、のうその へいたちの たたかいのもくてきは、しにざまを みせることだったのです。それは、れっとうじんしゅ としてあつかわれ、たまりにたまった いかりを ぶつけることでもありました。 たまも つきた。さいごの とつげきだ

40/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990