認識を間違えないこと(妄想の世界へ現実逃避をしないこと)は、その人にとっての利益となります。

間違った認識に基づいて同じ人間を差別し、辛い思いをさせずに済むようになったのは、丸人にとっても大きな救いでした。 それを実感した多くの丸人たちは、自ら率先して人種差別と戦うようになったのです。
差別反対運動の絵(イラスト)

〔参考絵本〕
認識を間違えないことが、その人の利益になることについては、 絵本「水と洗剤」をご参照下さい。  なお差別を善悪の問題として理解することは、差別解消を難しくする場合もあります。 絵本「差別は悪!?」をご参照ください。
〔ふりがな〕
にんしきを まちがえないこと(もうそうの せかいへ げんじつとうひを しないこと)は、 そのひとにとっての りえきとなります。まちがった にんしきに もとづいて  おなじにんげんをさべつし、つらいおもいを させずに すむようになったのは、 まるじんにとっても おおきなすくいでした。それをじっかんした  おおくのまるじんたちは、みずから そっせんして じんしゅさべつと たたかうようになったのです。  さべつは あくだ! さべつ はんたい!

79/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990