ただしこれには問題もありました。というのもこの星の国際法には、トラブルを避けるという法律本来の目的だけではなく、 丸人が三角人を差別し・支配するという目的もあったのです。 それを三角人であるノウソの人々が尊重することには初めから矛盾が存在するのです。 つまりノウソ以外の人々(三角人も丸人も)の目からすれば、なぜ丸人が作った法律を三角人のノウソが守り、丸人のようにふるまうのか、となるのです。
治外法権に怒る人々と、それを抑える人々の絵(イラスト)
国際法を守れば他の三角人に嫌われる。かといって守らなければ丸人に野蛮人だと思われる。…これがノウソの立場でした。

〔ふりがな〕
ただし これにはもんだいもありました。というのも このほしのこくさいほうには、とらぶるをさけるという ほうりつほんらいのもくてきだけではなく、まるじんがさんかくじんをさべつし・しはいするというもくてきも あったのです。それを さんかくじんであるのうそのひとびとが そんちょうすることには はじめからむじゅんがそんざいするのです。つまり のうそいがいのひとびと(さんかくじんもまるじんも)のめからすれば、なぜまるじんがつくったほうりつを さんかくじんののうそがまもり、まるじんのようにふるまうのか、となるのです。
たの さんかくじんのくにで
あんたらには、わたしをつかまえられないね。ちがいほうけんだよ。 おさるさんたち、さようなら〜 ちがいほうけんだと? ふざけるな! ふびょうどうじょうやくだって じょうやくなんだから、まもらないと なんで おなじさんかくじんの のうそが いうんだよ おまえはまるじんか!? ばかやろう!
こくさいほうを まもれば たのさんかくじんに きらわれる。かといって まもらなければまるじんに やばんじんだとおもわれる。 ・・・これがのうそのたちばでした。

22/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990