とはいえ、妄想は簡単には成立しません。 妄想をあたかも現実であるかのように自分自身を騙し、信じることが出来なければ、妄想は成立しないのです。
悪夢に襲われるという絵(イラスト)
そこで丸人たちは、自分を騙すために、手の込んだ儀式を行いました。

それはあたかも客観的な真実の追求であるかのように見せかけて(そうでなければ、信じることが出来ません)、 「ノウソが悪で丸人が善」という、あらかじめ決まった結論(=妄想)」を導き出すというものでした。

初めから結論は決まっているのですから、客観的な真実の追求は出来ません。 けれど、それがあたかも客観的な真実の追求のように見えなければ、自分を騙すことも出来ません。

〔ふりがな〕
とはいえ、もうそうは かんたんには せいりつしません。もうそうを あたかもげんじつであるかのように じぶんじしんをだまし、しんじることが できなければ、もうそうは せいりつしないのです。 なあ、わしはあくまに みえるかね? そこで まるじんたちは、じぶんを だますために、てのこんだぎしきを おこないました。 それはあたかも きゃっかんてきなしんじつの ついきゅうであるかのように みせかけて(そうでなければ、しんじることが できません)、「のうそがあくで まるじんがぜん」という、あらかじめ きまった けつろん(=もうそう)」をみちびきだす というものでした。 はじめから けつろんは きまっているのですから、きゃっかんてきな しんじつのついきゅうはできません。けれど、それがあたかも きゃっかんてきなしんじつのついきゅうのように みえなければ、じぶんを だますこともできません。

58/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990