さて丸人の中には、勇気こそが劣等人種と優越人種の違いだと、信じている人々が大勢いました。
なんせ一部の例外を除き、多くの三角人たちは簡単に征服されるばかりで、勇気を示したことがあまり無かったのです。 「こいつら、俺たちよりも、ずっと勇敢だ・・・」 激しい戦闘の中で、それは否定しようがない実感でした。 勇気こそが劣等人種と優越人種の違いだと信じている多くの丸人たちの目に、ノウソの兵は劣等人種だとは見えなくなりました。
一部の丸人たちの、三角人が劣等である、という認識が変わってしまったのです。
人種への認識が変化するという絵(イラスト)

〔ふりがな〕
さて まるじんのなかには、ゆうきこそが れっとうじんしゅと ゆうえつじんしゅの ちがいだと、しんじている ひとびとが おおぜいいました。なんせ いちぶの れいがいをのぞき、おおくのさんかくじんたちは かんたんにせいふく されるばかりで、ゆうきを しめしたことが あまりなかったのです。 「こいつら、おれたちよりも、ずっとゆうかんだ・・・」 はげしい せんとうのなかで、それは ひていしようがない じっかんでした。 ゆうきこそが れっとうじんしゅと ゆうえつじんしゅのちがいだと しんじているおおくのまるじんたちのめに、のうそのへいは れっとうじんしゅだとは みえなくなりました。いちぶのまるじんたちの、さんかくじんが れっとうである、というにんしきが かわってしまったのです。

42/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990