さて善悪を「善」と「悪」という2分類だと考えると、分類としては最も大雑把なので(1分類では分類になりません)、 誰でも何でも、どちらか好きな方に分類することが可能です。 そして敵を悪に分類すれば、敵を何百万人殺しても、「悪をやっつけただけ」と錯覚出来ます。

つまり破壊されてしまった「三角人は劣等」という妄想の代わりに、丸人たちは次のような妄想を作って、 自己正当化を図ろうとしたのです。
善悪を利用した妄想の作成という絵(イラスト)

〔注〕
全世界の人々を悪へと分類することも、やろうと思えば簡単です。絵本「どっちだ?」をご参照ください。
〔ふりがな〕
さて ぜんあくを「ぜん」と「あく」という2ぶんるいだとかんがえると、ぶんるいとしては もっとも おおざっぱなので(1ぶんるいでは ぶんるいになりません)、だれでもなんでも、どちらか すきなほうに ぶんるいすることが かのうです。 そして てきを あくにぶんるいすれば、てきをなんびゃくまんにん ころしても、「あくをやっつけただけ」と さっかくできます。 つまり はかいされてしまった「さんかくじんは れっとう」という もうそうのかわりに、まるじんたちは つぎのような もうそうをつくって、じこせいとうかを はかろうとしたのです

57/90
P.1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415161718192021222324252627282930 313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960 616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990