スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


愛 と 敵
誤解された愛、人を傷つける愛がテーマです。
東郷 潤

〔ふりがな〕
あい と てき          とうごう じゅん

1/15



解説 「愛と敵」:絵本の心理学―傷つけ、虐待する愛

 愛は、とても大切です。
 でも…、その大切な愛を多くの人々が誤解しています。
 そして愛への誤解は人々を傷つけます。誤解が深刻化すれば虐待の原因、さらには戦争の原因へすら、つながるのです。

 もし愛への誤解を放置し、愛の大切さばかりを強調すれば、・・・とても悲しい事ですが、当事者にとって愛はより危険なものとなってしまいます。
 危険な愛が人を傷つける場合を例示してみましょう。

 さらに想像をたくましくすれば、少数民族や弱小国への差別、文化・価値観の押し付け、侵略。戦争。 ・・・そんな人類ベースの悲劇にすら、愛への誤解が(善悪の錯覚とも有機的に絡み合って)深く関わっていると筆者は考えています。

 言うまでも無いことですが、誤解に基づく悲劇は誤解を解く事で解決し、また防止することが出来ます。 愛への誤解を原因とする様々な虐待も、その誤解を解く事で抜本的な解決を図ることが出来るでしょう。 そして誤解を解く為には、誰をも憎む必要はなく、むろん武力も権力も必要では有りません。 気づきを社会へ、そして世界へ広げることが出来れば、それだけで十分なのです。

 この絵本「愛と敵」は、そんな愛への誤解の一つを解くために執筆しました。 この絵本で描いた愛の歪みの心理は、 絵本「愛と嘘」で描いた愛の歪みの心理とも密接に関係しています。併せてお読みいただければと思います。



(筆者注)汝の敵を愛せ

 この絵本は、キリスト教(聖書)の「しかし、聞いているあなたがたに言う。敵を愛し、憎む者に親切にせよ。」(ルカによる福音書6:27)という教えとは無関係です。


   

「愛と敵」の絵本のPDFファイルです。

'Love and Enemies' - To love is to abuse?