スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


リンゴ異文化騒動記
リンゴの絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
りんご いぶんか そうどうき    とうごう じゅん

1/22



〔解説〕リンゴ異文化騒動記

 リンゴを通して、異文化交流について描いてみました。

 観光目的で海外旅行に出かけるだけでも、その国・地域ならではの注意事項というものがあります。
 ある国で親愛の情を示す動作が、他国では侮辱の動作と誤解されることもあります。 宗教的なタブーも存在しますし、食べ物持込の制限、飲酒、薬物の規制など、国・文化によって様々に異なります。

 こうした異文化への理解は、観光旅行でトラブルを避けるためだけでも必要不可欠ですが、 ましてや利害関係が絡んだ対外折衝、外交交渉といった場面では、より深く繊細な異文化への理解が求められることとなります。
 なお作品中のリンゴは、言わずもがなですが、分け前/利益のシンボルとして描いたものです。

 [筆者注]
 本作品は筆者の個人的な異文化体験に基づき執筆したものですが、いかなる差別も助長する意図は無く、 特定の国、民族の文化を「こうだ」と決め付けるものではありません。