スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


ある星の飲酒運転
ドラッグきのこ酒を飲んで酔っ払う宇宙人の絵(イラスト)です
東郷 潤

P.1



解説 「ある星の飲酒運転」:酔っ払い運転の防止と厳罰化

 この絵本には、2つのストーリーがあります。
 1つは、飲酒運転を防止するために、厳罰化をするというお話です。 もう1つは、飲酒運転対策として、あえて厳罰化は行わず、時間とお金をかけて、酔っ払い運転の防止のために、様々な工夫をしていくというお話です。
 どちらのストーリーが正しいということでは有りません。どちらかが善で、どちらかが悪、ではないのです。 あなたのお好みで2つの飲酒運転対策のストーリーの、どちらでもお好きなほうを選んでください。
 あなたは、どんな世界を作りますか?

(補足説明)
 ストーリーを二者択一にしたのは、フィクションである絵本創作のニーズによるものです。
 これは一般論ですが、現実世界の選択肢について考えた場合、はじめから二者択一しかないと考えることは、錯覚であることが多いでしょう。 例えば、善悪二元論の世界観を持っている方の発想は、二者択一(善を取るか、悪を取るか)になりがちでしょう。 しかしながら、落ち着いて現実を見直せば、選択肢は2つに限らないことが多いものです。さらに言えば、それぞれの選択肢を折衷し、組み合わせることも出来るかも知れません。
 以上、補足いたします。

 ●この絵本はフィクションです。
 ●フリガナは振っていません。


⇒絵本「ある星の飲酒運転」のPDFファイルはこちらです