罰と恐怖に関する絵本集

 罰と恐怖に関する絵本集です。少しずつ追加していく予定です。


恐怖の動機づけ

 動機づけとしての恐怖及び刑罰の役割とその効果について描きます。

インスタント支配
最初のページへ―絵本「インスタント支配」
恐怖という動機付け
刑罰と社会秩序
最初のページへ―絵本「刑罰と社会秩序」
刑罰の役割について改めて考えます


罰とは?

 罰とは何かについて、善悪という概念の有る場合と無い場合で比較して考えてみました。

改めて、罰って何?
最初のページへ―絵本「改めて、罰って何?」
罰の本質とは?


恐怖の副作用

 動機づけとしての恐怖は大変に効果的ですが、そこには大きな副作用も存在します。

ふざけるな、ばかやろう
最初のページへ―絵本「ふざけるな、ばかやろう」
副作用の原因となる基本的な心理
罰は嘘を生む
最初のページへ―絵本「罰は嘘を生む」
罰の恐怖が嘘を生む心理
罰は不信を生む
最初のページへ―絵本「罰は不信を生む」
罰の恐怖が不信を生む心理
罰は暴力を生む
最初のページへ―絵本「罰は暴力を生む」
罰の恐怖が暴力を生む心理
罰は絶望を生む
最初のページへ―絵本「罰は絶望を生む」
罰そして恐怖が絶望を生む心理
罰は劣等感etc.を生む
最初のページへ―絵本「罰は劣等感etc.を生む」
罰が緊張、失敗、萎縮、劣等感、上下関係を生む心理