スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は、罰と恐怖の絵本集の1作品です。
罰は残酷を生む
でこぴんの絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
ばつは ざんこく を うむ     とうごう じゅん

1/14



〔解説〕罰は残酷を生む

 「なんて人類って、残酷なんだろう?」「人はどうしてここまで残忍になれるのだろう?」
 あなたはそん疑問をお持ちになったことはないでしょうか?

 あなたの発想はもしかすると、逆かも知れません。 つまり、もともと人類が残酷なわけではなく、努力と訓練によって、一所懸命残酷になっているのかも知れないということです。 もしそうなら、人類の残酷さは人類生来の欠点などではなく、訓練の賜物であり、人類の選択の結果と理解することができるでしょう。
 ではなんで、残酷になるなどという選択をするのか? その理由の一つは、言うまでもなく善悪の錯覚です。

 さて、ここまで本シリーズは、以下の罰の副作用を描いてきました。
 ●嘘 ●不信 ●暴力 ●絶望 ●緊張 ●萎縮 ●失敗 ●劣等感 ●上下関係の固定化 ●詐欺 ●殺人 ●再犯  ●見殺し
 この絵本でさらに、●残酷 が加わります。人類がいかに深い錯覚の闇の中で、もがき苦しんて生きているのか、お考えいただければ幸いです。  

 絵本「罰は残酷を生む」は「罰と恐怖の絵本集」の1作品です。

⇒絵本「罰は残酷を生む」のPDFファイルへ