スマホ用絵本「2対1,000」」:民主主義の絵本集

スマホ用です。縦にスクロールしてご覧ください。

和を地球へ-癒しの絵本で愛と平和を世界へ

贈る癒しの絵本で和を地球へ。世界へ愛と平和を
1,000
考える人のポーズの絵(イラスト)
東郷 潤
P.1

想像してみてください。あなたは、強大な軍事力を持つ大国のリーダーです。
演説の絵(イラスト)
P.2

ある日、由々しき問題が生じました。
国のリーダーの執務室の絵(イラスト)
さあ、大国のリーダーとして、あなたには何が出来るでしょう?
P.3

あなたはこの問題に関する選択肢を、すぐに50個思いつきました。あなたはとても有能なのです。
独裁者の問題への50個の対応策の絵(イラスト)
P.4

しかし、50個の選択肢のどれも平和裏にそして確実に問題を解決できそうにはありません。

もしかすると戦争をしなければいけないかも知れません。

P.4-2

さあ、ここであなたはリーダーとして決断します。以下2つの選択肢から1つを選んでください。

●民主主義は何よりも大切だ。 この問題に関しても多数決という民主的な方法で国民や議会の意思を確認し、それに従わなければいけない。 →P.6へ

●この問題の解決に努力はするが、国民や議会の意思を多数決で確認するつもりはない。 →P.12へ


〔注〕2つのストーリーを比較してください。
P.5

→P.5より
もしかすると戦争をしなければいけないかも知れません。 民主主義が何よりも大切だと思っているあなたは、多数決で国民の意思を問おう、と考えました。 戦争をすれば大勢の人の命が犠牲になるかも知れません。 これほど重要な問題に関しては、結論がどうであれ、主権者である国民の過半数の賛成が必要なのです。 ・・・さて過半数の賛成を得るために、選択肢は2つ以下にする必要があります。 選択肢が3つ以上では票が割れるため過半数を取ることは難しいのです。
多数決で挙手するが、票が割れているというイラスト
P.6

そこであなたは、50個の選択肢を2つに減らすために知恵を絞りました。
50個の選択肢を2つに減らすイラスト
その結果、次の2つに絞り込むことが出来ました。
人殺しを放っておく。戦争はしない
P.7

そしてこの2つの選択肢のどちらを選ぶか、多数決で国民の意思を確認しました。
多数決で過半数が挙手というイラスト
・・・投票の結果は、「戦争をしてでも、人殺しを止める」でした。
P.8

私は正義を愛するわが国民を誇りに思う、というイラスト(絵)
P.9

そしてあなたの国は戦争を始めました。戦争を決めたのは国民ですから、国民は戦争を支持し団結しています。あとは勝利に向かって全力で戦うだけです。
ミサイル発射のイラスト(絵)
P.10

これが出来たのは、選択肢を2つに減らそうと、あなたが知恵を絞ったおかげです。
戦争の犠牲者のイラスト(絵)
P.11

→P.5より
もしかすると戦争をしなければいけないかも知れません。 しかしあなたは戦争をしたくはありません。かといって、独裁者が人殺しを続けることを放置したくもありません。 そこで、あなたは、より平和に確実に問題を解決するため、さらに知恵を絞りました。
考える人のポーズを取っているイラスト(絵)
P.12

その結果、あなたは自国が取り得る選択肢を100個思いつきました。
A国の独裁者が自国民を弾圧し殺害している問題への対応策(全部で100の選択肢)、というイラスト(絵)
しかしながらまだ、どの選択肢も実際に平和裏に問題を解決できるかどうか、あなたは自信を持てません。戦争をするのは簡単です。 しかし平和に問題を解決するのは、はるかに難しいのです。
P.13

より多くの選択肢・アイデアを求めて、あなたは多くの人々の意見を聞きました。独裁者の心を理解する努力もしました。その結果少しずつ弾圧の原因が分かってきました。 そこには複雑な歴史的・社会的・宗教的な背景があったのです。
歴史的・社会的・宗教的な事情のイラスト(絵)

〔注〕
上記の絵は、本「平和の絵本集」の中の、以下の絵本で使用したものを集めたものです。
・他国を愛しなさい  ・パブロフの犬  ・怯える人々  ・僕らは特別  ・正義の味方  ・良い子にならなきゃ 
「平和の絵本」では人々の争いの原因を様々な角度から考察しています。
P.14

そしてとうとう、あなたが取りうる選択肢は1,000個にも増えました。
1000個の選択肢のイラスト(絵)
さあ、これほど膨大なアイデア・選択肢があれば、きっと平和裏に問題を解決出来るでしょう。
P.15

・・・月日が流れました。
問題を平和に解決するのは、難しい挑戦でした。 理解・忍耐・努力、そしてさらに多くのアイデアまでもが求められました。 けれどついに、あなたは戦争に頼ることなく問題の原因を解決することに成功しました。 独裁者が人々を弾圧/殺害することは、もうありません。
和解の握手と死刑廃止(市民弾圧廃止)のイラスト(絵)
P.16

これが出来たのは、選択肢が1,000個に増えるほど、あなたが知恵を絞ったおかげです。
平和に微笑む人々のイラスト(絵)
P.17

あとがき -2対1,000

 もし、あなたがこの絵本に共感されたなら、他の方にも読ませてあげていただければと思います。

 本絵本は、自由にコピーして下さって結構です(商業出版はじめ金銭的な授受を伴う場合を除きます)。
 また下記WEBからは、東郷潤の他の絵本やメッセージをダウンロードすることが出来ます。

www.j15.org

©Jun Togo 2011
P.18




☆あなたの感想をお聞かせ下さい⇒ ご感想、お問い合わせ


⇒絵本解説ページへ

⇒次は「2つに1つ」へ

⇒「民主主義の絵本集」へ




平和の絵本

世界平和の絵本集(WEBトップ頁)
クイックツアー-QT
お母様へ(子供を心の病から守る)-QT 悩み落ち込む方へ-QT イジメ・虐待問題-QT 政治・社会問題-QT 戦争と平和-QT 国を憂う方へ-QT

絵本集
本当に悪いのは誰? 世界を巡る攻撃命令 正しいことって何? 攻撃命令無制限
殴れるよ 見下せるよ 誤魔化せるよ
良い子にならなきゃ(地獄の恐怖) やるかやられるか パブロフの犬(条件反射の心理学)
子供を犯罪者に(少年犯罪の原因) 教育マシン(子供の教育に) どっちだ?(孤独の心理)
悪いことは悪い 二重に隠れて 大事な議論 正義の味方
サングラス(理想主義の罠) 出ていて引っ込んでいるもの 認識のパターン(絵本集)
終わりの無い物語(憎しみの連鎖) 私は悪い人間です(罪と祈り)
魔法のメガネ(いじめや戦争) 見えない危険(軍拡の心理) 怯える人々(恐怖で狂暴に) 負けるものか(意志が弱い方へ)
善悪と愛憎 愛と嘘(嘘と偽善) 愛と敵(虐待へ) 愛を命令しないで(オムニバス絵本)
神と善悪 悪人さん、ありがとう 失敗し続ける方法(オムニバス絵本) バカ自慢-絵本集 怒りと憎しみ -絵本集
悪と罰(罰の心理) ある星の飲酒運転(酒酔い運転防止) 罰とイジメと自殺のロンド 罰と恐怖(絵本集)
愛する人が殺されたら―復讐の相手 復讐の相手-Ⅱ 想像という現実(連作絵本) 嫌な気持ちになる絵本 それぞれの深い望み
嵐と湖(心の悩みへ) 待って(焦りと不安へ) 国破れて
生と死(絵本集) お金と経済(絵本集) 民主主義(絵本集)
リンゴ異文化騒動記 僕らは特別(被害者意識) 一輪の花(原爆の廃絶) 差別について(絵本集) 日本独立の選択

平和の絵本理論書
善悪中毒の心理学/善悪という怪物

ボランティア
ボランティアのお願い -寄付のお願い -協賛企業 -リンクのお願い

絵本の運動について
平和の絵本の運動 -平和の旅(絵本の贈り先) -キャンペーン -メッセージ広告 -善悪の心理テスト -活動方針 -活動の記録 -メルマガ

イラスト
イラストレーターが描く平和の絵/絵本 イラストレーター公募(絵の書き直し)

メッセージ/手紙
平和のメッセージ集 「和」とは? 精神世界の旅人へ(気づきと戦争) 教育者の方へ(道徳教材) 心の癒しへ 世界平和を願う方(反戦運動へ) 憂国の侍へ -人種平等決議案 -市丸少将の手紙

平和の絵本について
和を地球へ(私どものご紹介) お問い合わせ(感想/メッセージ) リンク集 サイトマップ

管理サイト
平和の絵本から、ありがとう 活動日誌 本屋さん Diary & LettersPeace Picture Books ユーチューブ(絵本の読み聞かせ) 平和の絵本のFBファン頁 PeacePictureBooksFB fan page ツイッター

平和の絵本のメルマガ登録

読者購読規約
⇒バックナンバー