スマホ用絵本「追い詰められて」」:差別に関する絵本集

スマホ用です。縦にスクロールしてご覧ください。

和を地球へ-癒しの絵本で愛と平和を世界へ

贈る癒しの絵本で和を地球へ。世界へ愛と平和を
追い詰められて
追い詰められている人の絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
おいつめられて    とうごう じゅん
P.1

差別は、相手への認識を間違えることで生まれるものです。 たとえばある星で、異教徒は悪魔だと教わった人々が、初対面の異民族を悪魔だと誤解してしまったとします。
異民族を悪魔だと誤解するという絵(イラスト)

〔注〕
●地球の話ではありません。
●状況設定は、絵本「不安な初対面」と同じです。
〔ふりがな〕
さべつは、あいてへの にんしきを まちがえることで うまれるものです。 たとえば あるほしで、いきょうとは あくまだと おそわったひとびとが、しょたいめんの いみんぞくを あくまだと ごかいしてしまったとします。 こ、こわい!
P.2

そして人々は、「異民族は悪魔」という誤解に基づいて、異民族を殺害しました。
異民族を悪魔だと誤解し、殺害するという絵(イラスト)
この間違った認識は、間違いに気づけば修正されます。

〔ふりがな〕
そして ひとびとは、「いみんぞくはあくま」という ごかいに もとづいて、いみんぞくを さつがいしました。 あくまどもめ。しねば なにもできねえだろう!  このまちがったにんしきは、まちがいに きづけば しゅうせいされます。
P.3

間違いに気づけば・・・
これは俺たちへの贈り物だったのか!? という絵(イラスト)


〔ふりがな〕
まちがいにきづけば・・・  ええ!? もしかして これは おれたちへの おくりもの だったのか!?
P.4

修正されます。
俺たちが殺したのは普通の人々だったんだ、という絵(イラスト)

〔ふりがな〕
しゅうせいされます。  おれたちが ころしたのは、ふつうの ひとびと だったんだ。
P.4-2

このように認識の修正は、人の心の中で自動的に行われます。認識が変化すると、異民族への感情も変化しますね。
認識の修正 という絵(イラスト)

〔ふりがな〕
このように にんしきの しゅうせいは、ひとのこころのなかで じどうてきに おこなわれます。にんしきが へんかすると、いみんぞくへの かんじょうも へんかしますね。  しぜんにしゅうせい
P.5

こうして認識が修正されれば、それ以降、人は修正された認識に基づいて行動するので、差別は生まれません。 しかしながら、様々な理由により修正された認識を受け入れられないこともあります。 つまり、現実逃避をしたいという人も中にはいることでしょう。こんな風に目を閉じて。
現実逃避をしている、という絵(イラスト)

〔ふりがな〕
こうして にんしきが しゅうせい されれば、それいこう、ひとは しゅうせいされた にんしきに もとづいて こうどうするので、さべつは うまれません。 しかしながら、さまざまなりゆうにより しゅうせいされた にんしきを うけいれられないこともあります。 つまり、げんじつとうひを したいというひとも なかにはいることでしょう。こんなふうに めをとじて。  だって やつらは にんげんじゃない、 ただのどうぶつ なんだから!  さるとおなじだ!
P.6

これはつまり、自分が殺した異民族への認識を、次のように変化させるという宣言に他なりません。
認識を無理に変える、という絵(イラスト)
これは認識を、わざと間違えるということです。 むろん、この変化は自然には生じません。人為的に、いわば無理して行なうものです。 

〔ふりがな〕
これはつまり、じぶんが ころしたいみんぞくへの にんしきを、つぎのように へんかさせるという せんげんに ほかなりません。 これは にんしきを、わざとまちがえるということです。 むろん、このへんかは しぜんには しょうじません。じんいてきに、いわば むりして おこなうものです。 
P.7

ではここで想像してみてください。 もしあなたなら、どうやって、この人たちが猿だって自分自身に信じさせますか?
2人の先住民の絵(イラスト)
認識をわざと間違える、というのは、決して簡単なことではありません。 並大抵の工夫・努力では、人は猿には見えません。それこそ、発狂でもしない限り…

〔ふりがな〕
ではここで そうぞうして みてください。 もしあなたなら、どうやって、このひとたちが さるだって じぶんじしんに しんじさせますか?  にんしきをわざとまちがえる、というのは、けっして かんたんなことではありません。なみたいていの くふう・どりょくでは、ひとはさるにはみえません。 それこそ、はっきょうでも しないかぎり・・・
P.8

ところがこの星には、彼らを猿だと認識することに成功した人がいるのです!
奴隷の鞭打ちの絵(イラスト)
さあ彼は、いったいどんな工夫・努力をして、異民族が猿に見えるようになったのでしょう?  繰り返します。 並大抵の工夫・努力では、人は猿には見えません。発狂でもしない限り…  彼の心の中では何があったのでしょう? 何が彼にそれほどの無理をさせたのでしょう?

〔ふりがな〕
ところがこのほしには、かれらをさるだとにんしきすることにせいこうしたひとがいるのです!  きゃー! このさるめ! さあ、かれは、いったいどんなくふう・どりょくをして、いみんぞくがさるにみえるようになったのでしょう?   くりかえします。なみたいていのくふう・どりょくでは、ひとはさるにはみえません。はっきょうでもしないかぎり・・・ かれのこころのなかではなにがあったのでしょう? なんがかれにそれほどのむりをさせたのでしょう?
P.9

地獄と悪魔の絵(イラスト)

〔注〕
●地球の話ではありません。
●地獄の有無について、何らの主張をするものでもありません。
〔ふりがな〕
じごくにおちたくない!  おれは わるくないんだ!  おれが ころしたのは さるだ! さるだ!  さるだ~~~!!
P.10

あとがき

 もしあなたがこの絵本に共感されたら、他の方にもご紹介いただきたくお願い致します。

 本絵本は、自由にコピーして下さって結構です(商業出版はじめ金銭的な授受を伴う場合を除きます)。 また下記WEBからは、東郷潤の他の絵本やメッセージをダウンロードすることが出来ます。

 www.j15.org

©Jun Togo 2014
P.11




☆あなたの感想をお聞かせ下さい⇒ ご感想、お問い合わせ


⇒絵本解説ページへ

⇒次は「悪夢からの逃走」へ

⇒「差別に関する絵本集」へ




平和の絵本

世界平和の絵本集(WEBトップ頁)
クイックツアー-QT
お母様へ(子供を心の病から守る)-QT 悩み落ち込む方へ-QT イジメ・虐待問題-QT 政治・社会問題-QT 戦争と平和-QT 国を憂う方へ-QT

絵本集
本当に悪いのは誰? 世界を巡る攻撃命令 正しいことって何? 攻撃命令無制限
殴れるよ 見下せるよ 誤魔化せるよ
良い子にならなきゃ(地獄の恐怖) やるかやられるか パブロフの犬(条件反射の心理学)
子供を犯罪者に(少年犯罪の原因) 教育マシン(子供の教育に) どっちだ?(孤独の心理)
悪いことは悪い 二重に隠れて 大事な議論 正義の味方
サングラス(理想主義の罠) 出ていて引っ込んでいるもの 認識のパターン(絵本集)
終わりの無い物語(憎しみの連鎖) 私は悪い人間です(罪と祈り)
魔法のメガネ(いじめや戦争) 見えない危険(軍拡の心理) 怯える人々(恐怖で狂暴に) 負けるものか(意志が弱い方へ)
善悪と愛憎 愛と嘘(嘘と偽善) 愛と敵(虐待へ) 愛を命令しないで(オムニバス絵本)
神と善悪 悪人さん、ありがとう 失敗し続ける方法(オムニバス絵本) バカ自慢-絵本集 怒りと憎しみ -絵本集
悪と罰(罰の心理) ある星の飲酒運転(酒酔い運転防止) 罰とイジメと自殺のロンド 罰と恐怖(絵本集)
愛する人が殺されたら―復讐の相手 復讐の相手-Ⅱ 想像という現実(連作絵本) 嫌な気持ちになる絵本 それぞれの深い望み
嵐と湖(心の悩みへ) 待って(焦りと不安へ) 国破れて
生と死(絵本集) お金と経済(絵本集) 民主主義(絵本集)
リンゴ異文化騒動記 僕らは特別(被害者意識) 一輪の花(原爆の廃絶) 差別について(絵本集) 日本独立の選択

平和の絵本理論書
善悪中毒の心理学/善悪という怪物

ボランティア
ボランティアのお願い -寄付のお願い -協賛企業 -リンクのお願い

絵本の運動について
平和の絵本の運動 -平和の旅(絵本の贈り先) -キャンペーン -メッセージ広告 -善悪の心理テスト -活動方針 -活動の記録 -メルマガ

イラスト
イラストレーターが描く平和の絵/絵本 イラストレーター公募(絵の書き直し)

メッセージ/手紙
平和のメッセージ集 「和」とは? 精神世界の旅人へ(気づきと戦争) 教育者の方へ(道徳教材) 心の癒しへ 世界平和を願う方(反戦運動へ) 憂国の侍へ -人種平等決議案 -市丸少将の手紙

平和の絵本について
和を地球へ(私どものご紹介) お問い合わせ(感想/メッセージ) リンク集 サイトマップ

管理サイト
平和の絵本から、ありがとう 活動日誌 本屋さん Diary & LettersPeace Picture Books ユーチューブ(絵本の読み聞かせ) 平和の絵本のFBファン頁 PeacePictureBooksFB fan page ツイッター

平和の絵本のメルマガ登録

読者購読規約
⇒バックナンバー