無理が通れば;差別に関する絵本集;;平和の絵本

この絵本のタイトルは「無理が通れば道理引っ込む」という諺から取ってみました。差別に関する絵本集の1作品です。

和を地球へ-癒しの絵本で愛と平和を世界へ

贈る癒しの絵本で和を地球へ。世界へ愛と平和を
スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は、差別をテーマとする絵本集の1作品です。
無理が通れば
強者の絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
むりがとおれば     とうごう じゅん

1/9



〔解説〕無理が通れば;差別に関する絵本集

 絵本「無理が通れば」は、差別に関する絵本集の1作品です。なぜ差別が固定化してしまうのか(間違った認識が修正されずにそのまま放置されるのか)、その一つの要因を描いています。 なお善戸ミル彦さん、悪戸ミル吉さん等、絵本の設定は、今までに発表した「差別に関する絵本集」のものと共通しています。

⇒絵本「無理が通れば」のPDFファイルへ

⇒Where might is Master(「無理が通れば」英語版)






〔善悪の支配図〕

 善悪の支配システムの中で、この絵本が関連しているのは主に赤枠部分です(図をクリックすると大きくなります)。

善悪の支配図