扉を開けて;平和の絵本

連作絵本「想像という現実」の第4作目。 閉ざされた心、心の扉がテーマです。

和を地球へ-癒しの絵本で愛と平和を世界へ

贈る癒しの絵本で和を地球へ。世界へ愛と平和を
スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


連作絵本 想像という現実-4
扉を開けて
鍵が掛かった扉の絵、イラスト
東郷 潤

1/13




解説「扉を開けて」;平和の絵本

 この絵本は、想像と現実をテーマとした連作絵本「想像という現実」の第四本目となります。閉ざされた心がテーマです。閉じた心の世界は、 一見、自由で安全なようではあるのですが・・・

 *あまり小さなお子様向きのテーマではなく、振り仮名はふっていません。